日高市、聖天院のご利益と御朱印を紹介☆高麗神社の後はこちらもぜひ参拝を。

スポンサーリンク

こんにちは。  です。

前回お伝えした、【高麗神社(こまじんじゃ)】のすぐ隣りに位置する

高麗山 聖天院 を紹介します。

スポンサーリンク

聖天院のポイント♪

① 聖天院は、高麗王若光によって開拓された、古い歴史と自然に恵まれた高麗郷にあります。

② すぐ隣に位置する、高麗神社も同じく、高麗王若光を偲び、その霊を祀り、高麗郡の守護神としています。

③ 御利益は、『出世開運』

④ 本堂へ向かう階段の左右に、イケメンマッチョの仁王様

⑤ 見晴らしが最高

拝観時間
8時より17時(最終受付16時30分)
拝観料
大人300円  小人(小学生)150円
未就学児 無料
団体割引(30名以上)
大人200円  小人100円
障害者割引(本人のみ)
大人200円  小人100円
 

とても広い敷地内には、この大きな山門を始め、奥へ進むごとに、歴史を感じる指定文化財や、庭園国宝的建築物が数ヶ所あるんです。

特に私が感じたのは、自然・緑が豊かなことと、見晴らしの良さ、仁王像のイケメンぶりがとても素敵でした!

境内の案内

今年(2020年)は、武蔵野観音霊場、開成80周年ということで、運良く総開帳の年です。

山門(風神雷神神門)

こちらは、市指定文化財。、瓦葺総欅木造二層楼閣、大きさ建築様式ともに近郷まれにみる優美さと、重圧さを備えた建造物。

門の左右に風神・雷神を祀っていて、階上には、大日如来・七観音・十六羅漢が配祀されています。

こちらは、風神さま。

めちゃくちゃ怖い顔してますね^^;

山門の天上に描かれた、鳳凰

こちらは、江戸の画師『南沢氏』によるものだそうです。 

とにかく山門は大きく立派な建造物で、屋根までとても高く、圧巻です。

しばらく見上げてため息が出てしまう程。

こんなに丈夫で壮大な建築を、その時代に生きた人達は、計り知れない位の知恵の持ち主だったんだなぁと考えさせられます。

中門 (拝観料)

こちらの立派な中門で拝観料を納めます。

貼り付ける紙の御朱印は、こちらに置いてあるので、枚数分のお金を箱に入れて頂きます。

御朱印帳への記入をお願いする場合は、次の庭園右手の書院で書いていただけるようですよ。

庭園

庭園がこちら♪

山門の風神・雷神をくぐった後に、こんなに素敵な庭園が広がっているとは!

山水を取り入れ山の傾斜を利用した庭園。本来東側にある書院・茶室より望むように設計されたが、池と庭を広げ植栽と庭園の配置を工夫して、中門をくぐった南側正面からと、本堂前舞台より見下ろす北側の三方より楽しむことができる。

聖天院HPより

こちらの玄関のインターホンを押して御朱印帳をお願いするようですね。

今回はInstagramでも、たくさん投稿があったので、こちらを紹介。

本堂に鎮座する、不動明王様の御朱印と聖観音ですね。

書体がとっても素晴らしいです。

紙御朱印も数種類あるようですよ。

イケメン仁王像

庭園からさらに階段で上がっていくと...

イケメン・マッチョな仁王様のお目見えです*^^*

この足と腕の太さ!

腹筋まで、凄まじく強そうです^^;

左右どちらの仁王様も、その土地やその土地で暮らす人々を見守っているんですね。

景色もとっても最高でした。

こちらは、冬景色の仁王様☆

横顔もめちゃくちゃ格好いいです!

聖天院HPより

本堂

こちらの本堂、なんと7年もの歳月をかけて平成12年に完成されたそうです。

平成12年、京都神護寺をモデルにした本堂は、平茂寺立川流宮大工九代目石川吉登渾身の作、総欅造り・三手先出組とし軒先の出二軒半・内陣には最大直径2尺3寸の大柱を用い、古式に則り造営された百余坪の重厚な伽藍である。本尊に不動明王を祀り大日如来、釈迦如来、地蔵菩薩、愛染明王、観音・勢至菩薩を配祀、堂内左手に若光守護仏聖天尊が祀られている。本堂前からの眺望はすばらしく、高麗郷を一望、遠く東方には埼玉新都心のビル群、南西方に丹沢・奥多摩の山並み富士山を望むことができる。

聖天院HPより

そしていよいよ来ました!本堂にお参り。

御開帳という事で、扉の奥には不動明王像が鎮座しています。

不動明王様の他にも、大日如来・釈迦如来像・観音様も祀られています。

今日、こちらに参拝させて頂く手配を下さり、ありがとうございます...

鐘堂・在日韓民族慰霊塔

本堂から左手へ進むと、鐘堂と在日韓民族慰霊塔があります。

聖天院HPより

聖天院HPより

在日韓民族慰霊塔
終戦前三六年間に亡くなった在日韓民族無縁仏の慰霊・供養を願い、尹炳道氏が私財を投じ造成建立。基壇を合わせ高さ十六米の石塔は日本最大級、下部に納骨室を備えている。域内には朝鮮様式の八角亭、檀君、広開土大王、王仁博士など韓民族の偉人の石像が並び、異国情緒豊かな霊域となっ
ている。

出典:聖天院HP

慰霊塔の前には、漢民族の偉人の石像が並んでいます。

建物や石像ひとつひとつとっても、深い歴史を感じます。

駐車場&アクセス

駐車場は、バス10台、乗用車は50台停められる程のスペースがあります。

参拝の際には、お隣の高麗神社にもぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

さ最後まで読んでいただき、

ありがとうございました♫

ブログランキングに参加しております。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

神社・仏閣
スポンサーリンク
音をフォローする
音Blog

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました